メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

タイワンジカ生態保護エリア

自らタイワンジカの魅力が感じられます

更新しました:2012-05-26

公開日:2012-05-26

人気:3万

緑島は元々タイワンジカを出産しませんでしたが、60年代からタイワンジカの養殖が盛んになって、一時期にはタイワンジカの数は居民の数を大いに上回って、居民たちが大きな利益を手に入れましたが、75年以降、タイワンジカの養殖が衰退になってから、居民はタイワンジカを山林へ返しました。現在、野放しされたタイワンジカは200頭余りがあって、緑島の独特な観光風景になっていて、そして、タイワンジカ生態保護エリアも設けられました。構内には解説センター、売店、展望台、給食エリア、植物エリア、ペイントボールシューティングゲームなどがあります。そのほかに、遊園バスと解説員もついています。貴重な生態と山海景観の魅力を一体化して、訪れてこなければならない重要なスポットです。

ディテール

施設

  • 解説
  • ビジターセンター
  • 展示ホール
  • 公衆電話
  • 多くの駐車場
  • 公共のトイレが
  • ビューポイント
  • バス停留所
  • 歩道

お薦めのモデルコース

アクセス方法

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

旅行のヒント

1.自然を大切にして、そしていつでも環境を綺麗にしてください。

2.夏の日差しと冬の風が強いので、保護対策を用意してください。

周辺の観光スポット

Top