メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

緑島周遊ガイド

純粋で綺麗な自然風景

純粋で綺麗な自然風景

緑島は台東から約33キロ離れていて、海底の火山噴出によって形成して、島の全体には丘陵が分布して、回りに隆起なサンゴ礁は海岸に堆積して、長年の風化及び海蝕の力で、変化多端な海岸景観が現れていて、海域にあるサンゴ群及びカラフルな熱帯魚があって、更に世にも珍しい海底温泉があって、素朴そして綺麗な熱帯風味に満ちています。

豊かかつ見事な海島文化

豊かかつ見事な海島文化

緑島は古きから「火燒島」と呼ばれて、島の20箇所の先史遺跡から発見された大量な石器、貝器、陶器等によれば、3000~4000年前から、島での人類が活躍になっていました。漢人の開墾は200年前から始まって、小琉球人陳必先氏は30余りの人を連れて、船で鵝鑾鼻を回って、緑島に着いて、公館の近くに上陸して、部屋を作って住んで、だんだん人が移ってきて、続々村が出来上がって、かつお工場、タイワンジカ養殖と観光産業などを発展してきました。

溫泉

溫泉

朝日温泉は東海岸の唯一の温泉だけではなく、世界でもなかなかない塩水の温泉で、現在世界では日本九州、イタリアシシリー島と緑島しか塩水温泉が開発していません。その形状及び場所から推測したら、おそらく海水或いは地下水が地底に染み込んで、そして、緑島火山の残留な溶岩によって加熱されて形成しました。

緑島東南潮間帶にある朝日温泉は日本の台湾統治時代から「旭温泉」と呼ばれていました。泉質は清らかに透明で、温度は60-70度くらいあって、酸性の塩化物・硫酸塩温泉で、濃密な匂いがなくて、入った後肌がつるつるになって、べったりしません。 現在三つの露天風呂があって、そして温泉のSPA池もあります。周辺に色々な施設も完備していて、お風呂に入りながら、星鑑賞、波を傾き、日の出鑑賞もできるし、のんびり、イジョイできるちょっと変わった温泉の旅ができます。

グルメ

グルメ

緑島のグルメと言えば、よく知られている海鮮料理と海草氷のほかに、地元からも伝統な食材、料理を提供していて、例えば、緑島の人に臭屁梭と呼ばれているオホバアカテツ、里芋千切りと海藻の天ぷら、魚はまち、ピーナッツ豆腐等があります。

そのほかに、緑島では文化、習慣と密接な関係をしている伝統な美食が残っていて、例えば、昔新しい部屋へ引っ越す時とお寺のお祭りしか食べられない茨粿、祖先たちと迷い鬼たちへ祀るときの海鮮パオズ、結婚する時、花婿から花嫁に送るピーナッツ飴等があります。そのために、緑島に来たら、海鮮料理を満喫しながらも、溢れる人情も忘れてはいけません。

 文化

文化

緑島で南寮、中寮及び公館集落をのんびり散策して、美食及び素朴な田舎風景を楽して、そして、緑島刑務所と文化パークに行ったら、そこで発生した歴史が蘇ることができます。緑島刑務所は1970年に設立して、台湾全国の刑務所から凶悪犯人を収容していて、設立した当初は、島の地理メリットに目が当てられて、集中して厳しく矯正して、過ちを改正することができたので、まさに台湾刑務所の最後の壁と言えます。

緑島文化パックは緑島の東北にあって、昔よく政治的な犯人を監禁して、現代国民に人権の大切さを呼びかける為に、東管処は2002年に山荘のホールを展示ルームへ改装して、ビデオ、品物、歴史記録及び当時の牢屋を展示することによって、歴史を思い出させられます。

スノーケリング

スノーケリング

緑島は熱帯にあって、しかも黒潮北流のルートにあって、そのほかにも湧昇流が近くにあるので、回りの海洋生物の種類或いは数も非常に豊富です。調査によると、緑島海域の魚は50余り科があって、300余りの種類があって、ほとんどはサンゴ礁魚類です。サンゴ礁魚類は色鮮やかで、色の構造も複雑で、これら綺麗な魚はサンゴ礁群の間に悠々と泳いで、多種多様なサンゴとまるで色の競争していて、まさにカラフルの海底景観になっています。

暖かい、清らかな浅い海域はサンゴの成長に合います。緑島のサンゴ種類が多くて、被覆率が高くて、どこでも茂っているサンゴ林が見られて、貝類と甲殻類の種類も多くて、特に沿岸に良く見かけられる小型貝は緑島の特色の一つです。

よく見られる海底サンゴ礁景観のほかに、緑島の中央山丘も季節風を防ぐ機能を果たして、東北季節風のシーズンになったら、東北部の海域では、荒い波、乱流がどんどん発生しますが、西南海域は穏やかなので、そこで思い存分スノーケリングができて、夏に西南季節風を吹いたら、北部の外礁で探検ができます。そのため、緑島は台風のほかに、年中スノーケリングができると言えます。

関連情報
緑島探検ツアーコース

東海岸BIKE探検(東海岸+緑島)三日旅:每人3090元
綠島深度探索2-3日遊:平日每人2490、3490元
緑島スノーケリング自由自在二日旅:每人6380-7550元
緑島スノーケリング自由自在二日旅:每人4100元起

お問い合わせと予約
易票通旅遊網旅行社
電話 089-359666
喜鴻旅行社
電話 04-24729622
采風錄旅行社
電話 02-87882577
Top