メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

ムスリム観光

一泊二日コース

月は水の如く白し,東海岸を自在に

第一日

花蓮市→花蓮ビジターセンター→水璉吉籟猟人学校→静浦文化体験→昼食(陶甕百合春天-要電話予約)→比西里岸部落木羊DIY体験→都歷ビジターセンター→富山復魚区→夕食(娜路彎大酒店-翠園)→鉄花村→宿泊地帰着(娜路彎大酒店)

第二日

朝食(娜路彎大酒店-翠園)→台東史前博物館→昼食(益台湾餐庁)→台東森林公園でサイクリング→帰着。

第一日

花蓮ビジターセンター

果てしなく広がる海

花蓮ビジターセンター
花蓮ビジターセンターは景色の良さが自慢で、太平洋を眺めるには絶好の場所です。 センター内には全区の自然、人文資源、東部海岸沿線の観光スポットを紹介する展示室、マルチメディア室ルームが設けられています。 センター横の水塘山坡では、テッポウユリを保護しています。ユリが咲き誇ると、周辺の遊歩道を彩る花の海はそよ風を受けて波のように揺れ、絵のような美しさです。
詳細はこちら

水璉吉籟猟人学校

自然と共存する暮らし

水璉吉籟猟人学校
吉籟猟人の体験コースには、山林アクティビティ(サバイバルクッキング、罠作り、沢登り等)と海洋アクティビティ(ダイビング、スノーケリング、花蓮沖海釣等)があります。 体験として伝統に触れることで、貴重な知識と技能を理解でき、この土地と文化が大自然との共存共栄を基本とする価値観の上に成り立っていることがわかるでしょう。
詳細はこちら

静浦文化体験

情熱的な太陽部落

静浦文化体験
暖かな色味を感じさせる村落-静浦はアミ語で「尾根の窪地内の平地」を意味する「Ca'wi (札位)」と言います。 海の幸が豊かな河口に位置するため、部落の生活は古くから漁業で支えられてきました。静浦では竹製筏に乗り、八卦網の技巧を学び、伝統の弓矢を体験し、今に伝わる漁猟生活文化を体験することができます。
詳細はこちら

比西里岸部落木羊DIY体験

幾米と一緒に春へ

比西里岸部落木羊DIY体験
世界的に有名な絵本作家、幾米(ジミー)の世界が比西里岸部落で花開きました。「走向春天的下午(春に向かう午後)」の中で、主人公の少女の背景には部落の11の風景が描かれています。 ここを訪れれば、この11の風景を訪ねると同時に、比西里部落の素朴な暖かさに触れることができるでしょう。長らく放置されていた空間と老朽化していた建物もリノベーションされ、新たな息吹が吹き込まれました。ここでは幾米の世界を訪ね、部落芸術を鑑賞し、山と海に抱かれた先住民部落の自然を味わってください。
詳細はこちら

都歷ビジターセンター

東海岸の特色をインタラクティブで

都歷ビジターセンター
山を背に海に面する都歷ビジターセンターは、北に成功鎮と三仙台、南に緑島を眺められ、美しい風景に囲まれています。内部にはアミ族文化区、海洋区、東海岸景観区、インタラクティブ体験区等があり、マルチメディアインタラクティブ施設、映像、模型、実物の展示を通じて、東海岸の動植物の生態、人文的特色、観光やイベント情報を伝えています。
詳細はこちら

富山護漁区

生まれ変わった海をいつまでも

富山護漁区
富山復漁区は台東県唯一の海水浴場で、かつては「杉原海水浴場」と呼ばれていました。2005年禁漁区に指定されて以来、潮間帯の生態系が豊かに息づくスポットとなりました。平坦で開けた地形、柔らかく細かい砂に覆われたビーチ、澄んだ水、周辺海域に広く分布する珊瑚礁。ここでは潮間帯についての解説を聞き、アリジゴクや砂ガニを捕まえ、稚魚を掬うなど自然の生態に親しむ多様な体験ができます。
詳細はこちら

鉄花村

この部落の名は「芸術」

鉄花村
鉄花村には20人余りの地元の芸術家と農民が集い、芸術家は漂流木、金属、石ころ、竹等の自然素材を創作や絵画の道具とし、ここの空間と表情をさらに豊かにしています。 広大な緑の草地には自在な雰囲気があふれ、手作りの文創ブランドと地元の農家自慢の台東名物が人々を惹きつけています。週末は草地で音楽が演奏され、不定期で手作り教室も開かれます。ここを訪れれば、のどかで伸び伸びした東部の暮らしを感じられるでしょう。
詳細はこちら

第二日

台湾史前文化博物館

東海岸初の国家レベル博物館

台湾史前文化博物館
台東史前文化博物館の設立は、1980年代に発見、発掘が行われた台湾考古学史上最大の遺跡-卑南文化を縁起とします。 これは台湾の新石器時代中晚期を代表する重要な遺跡で、環太平洋及び東南アジア地区最大規模の石板棺墓葬群遺跡であると内外の学者の見解が一致しています。 ここは台湾初の先史/原住民文化を対象とした博物館であり、博物館、遺跡、自然生態公園を含む博物館です。東海岸で初めての国家レベル博物館内で、台湾の自然生態、先史文化、原住民文化の豊かさと多様性を深く知ることができるでしょう。

台東森林公園でサイクリング

台東市の裏庭

台東森林公園でサイクリング
台東森林公園の広大な敷地にはモクマオウが植えられ、遠くから見ると一面に漆黒であることからここは「黒森林」とも呼ばれています。公園内にはモクマオウ林を貫き、三つの湖をつなぐ自転車道が設けられています。人工の造形物がほとんどなく、目に入るのは自然の生態と美しい風景ばかり。のんびりと風を切って自転車を走らせれば、心の底からリラックスできるでしょう。
ハラル・ムスリム認証済みレストラン
以下の宿泊施設とレストランはすべて認証を通過しています。
ムスリムレストラン
レストラン経営者、調理師全員がムスリムで、全てのメニューはムスリムの方々にお召し上がりいただけるメニューです。
ムスリムフレンドリーレストラン
レストラン経営者はムスリムではありませんが、ムスリム専用のキッチンまたは区切った場所で調理したメニューをお出しします。
ムスリムフレンドリーツーリズム
経営業者は、ホテル、旅館、民宿、農場等の宿泊場所について協会の認証を受けています。また、ムスリム専用のキッチンで作ったムスリム用朝食をご用意いたします。
ムスリムフレンドリーホテル
万全の準備のため、少なくとも3日前までにお電話でご予約ください。
花蓮翰品酒店
認証 ムスリムフレンドリーツーリズム
連絡先 03-8235388
藍天麗池飯店
認証 ムスリムフレンドリーツーリズム
連絡先 03-8336686
娜路彎會館
認証 ムスリムフレンドリーツーリズム
連絡先 089-235500
天璽商務飯店
認証 ムスリムフレンドリーツーリズム
連絡先 03-8312939
フレンドリーレストラン
万全の準備のため、少なくとも3日前までにお電話でご予約ください。
花蓮翰品酒店怡華中華レストラン
認証 ムスリムフレンドリーレストラン
種類 中華/洋食団体用食事及び朝食
連絡先 03-8235388
花蓮遠雄悦来大飯店-日本料理「秋草」
認証 ムスリムフレンドリーレストラン
種類 日本料理
連絡先 03-8123999
花蓮馬丁娜印度小館
認証 ムスリムレストラン
種類 インド料理
連絡先 03-8334921
娜路彎會館翠園
認証 ムスリムフレンドリーレストラン
種類 中華/洋食団体用食事及び朝食
連絡先 089-225000
益台湾餐庁
認証 ムスリムレストラン
種類 中東料理/中華料理団体用食事
連絡先 089-383969
天璽餐庁
認証 ムスリムフレンドリーレストラン
連絡先 03-8312939
印度王子
認証 ムスリムレストラン
連絡先 03-8315776
藍天麗池飯店-緑波廊(ムスリムフレンドリーレストラン)
認証 ムスリムフレンドリーレストラン
連絡先 03-8336686
成功旗魚咖啡小吃店
認証 ムスリムフレンドリーレストラン
連絡先 089-854899
フレンドリースペース
花蓮ビジターセンター
フレンドリー施設 御清め施設
連絡先 03-8235388
三仙台遊憩区
フレンドリー施設 御清め施設
連絡先 089-854097
都歷ビジターセンター
フレンドリー施設 御清め施設、礼拝室
連絡先 089-841520
綠島ビジターセンター
フレンドリー施設 御清め施設
連絡先 089-672026
Top