跳到主要內容區塊定位點
主要內容區塊

石梯坪

更新しました:2024-05-08
人気
73092
観光攻略
  • サンゴ礁と熱帯魚が豊富
  • 海食甌穴景観は台湾随一
  • 潮間帯の生き物観察、ダイビング、磯釣りに最適
  • 潮騒を聞き、星空を眺めながらキャンプ
  • 石梯坪港は花蓮でのホエールウォッチング拠点
  • 石梯坪から5キロの石門洞は映画『沈黙』のロケ地
特色
  • 歷史と文化
    歷史と文化
    石梯坪(Tidaan)集落は港口集落の一部の住民が移り住み形成されました。主な住民はアミ族で、次に漢人が多く、言葉はアミ語が多く用いられます。祭祀や儀式、音楽や舞蹈、暮らし方は、2キロ離れた港口集落と似ています。六月中旬の捕魚祭、七月下旬の豊年祭がこの地区の主要な行事です。 先人の工芸技術を伝えるため、石梯坪集落は「工芸坊」を設立しました。またシャーマン舞蹈、素材を生かしたシンプルな伝統の食生活、酒醸造の伝承にも力を入れており、伝統文化の伝承に余念がありません。
  • 自然の生態
    自然の生態
    石梯坪には花蓮で唯一の礁岩海岸林があり、ここには多くの特別な植物種が残っています。世界で台湾とマレーシアでのみ確認されているケサヤバナは、台湾では蘭嶼と石梯坪から新社一帯の岸辺にのみ分布しています。 海浜植物群では、タコノキ、オオハマボウ、クサトベラが多く、耐湿、耐塩の能力を持つ優良な防風定砂植物です。また、礫石上に生えるタイワンナツメヤシは、冰河期から残る貴重な奇木です! 沿岸の隆起したサンゴ礁にはたくさんの穴があります。それはカニや熱帯魚の住処であり隠れ家です。南岸の潮間帯には多様な生き物が豊富に生息しており、近隣の先住民集落の人たちがここでウニや巻貝、海藻を収穫しています。
  • ケスタ
    ケスタ
    石梯坪に入ると、海岸の東南の角に、ペールホワイトから白をした斜面が観察されます。この斜面は陸地に近い側が陸に向かってなだらかに傾斜し、海側の斜面は急峻に海中へと入り込んでいます。こうして両側の傾斜角度が異なる山ができているのです。この種の地形は「ケスタ」と呼ばれ、石梯坪地区ではケスタを至るところで目にします。 ケスタ西側の斜面は、波の侵食を受け天然の石段になっています。石段を上っていくと、茫洋たる大海原が見渡せ、心が伸びやかになるでしょう!
  • 天然橋と海食溝
    天然橋と海食溝
    天然橋は通常は突出した岬に形成されます。海食作用が特に強い場所で、数百万年の時を経て、最後に開口部が貫通することで海食門が生まれます。橋のようでもあることから、「岩門」、「石門」とも呼ばれます。 石梯坪ではたくさんの狭い「溝」と海岸線が垂直になっているのが目にされます。これら海岸に窪んだ溝は海水に削られてできたもので、そのため「海食溝」と呼ばれるのです。ケスタ北側には、東西方向に伸びる海食溝があります。底はすでに波に侵食され幅が広くなっていますが、表面は一本の狭い隙間で、大波がぶつかると大量の海水が入り込み、細い隙間から噴出します。空気が圧縮されて鳴る大きな音と海水の噴出が重なり、すこぶる壮観です。
  • 甌穴
    甌穴
    天然橋から東へ向かうと、石梯坪で最も有名な甌穴群を目にするでしょう。海から離れた甌穴もあり、波に今も削られ続けているものもあります。 石梯坪の甌穴はキノコ石の笠の上にもあり、非常に珍奇な光景です! 大潮の引き潮時、東北角の波食棚上では三つの深い甌穴が見られます。甌穴の中には十種あまりの造礁サンゴと各種藻類、魚類、無脊椎動物が暮らしています。 甌穴は海食地形の変化の過程で、いつでも消えてしまう可能性があり、海から離れた甌穴でも風化で消えてしまうかもしれないのです。石梯坪を訪れたら、気をつけて見てほしい自然景観です
  • 潮間帯
    潮間帯
    「石梯坪工作ステーション」脇の遊歩道を下りていくと、広けた潮間帯につきます。旧暦の一日、十五日前後の正午、大潮の引き潮の頃が、潮間帯の生き物を観察するには最高の時期です。春から夏にかけての潮間帯は、一面の緑に覆われます。これらは潮間帯に暮らす動物たちの餌となる藻類で、あたかも海洋牧場の牧草地のようです。 高潮線上で、数は膨大ながら見過ごされがちなのがコウダカタマキビと火山のような円錐状をしたフジツボです。フジツボが暮らすのが3階だとすれば、2階の住民はカキです。岩の隙間ではクモヒトデもよく見られます。 低潮線付近では、ウニ、オオシャコガイが見られます。ホシキヌタガイもよく見られる生き物です。 サンゴ岩上ではヒザラガイ、アマオブネガイを見ることができます。このほか、潮間帯の潮だまりではたくさんの魚、エビ、カニ、ナマコ、貝類が繁殖しています。
  • 石門
    石門
    石梯坪から北へ約5キロ行くと石門に到着です。 休憩ステーションから見晴らし台前の花崗岩で敷かれた遊歩道を行くと石門海岸に下りることができます。ここは連綿と数キロ続くサンゴ岩海岸です。ビーチに門のような形をした海食洞があることから、この名がつきました。この海食洞には三ヶ所の口が開いており外に通じています。幅は約18メートル、高さは5メートル近くあり、洞窟の上にはアコウの大木が生えており、野趣を添えています。海食洞南側には、特殊な色をした火成岩があります。柱状節理が発達しているため、岩全体は六角柱が堆積したかのようです。 石門洞から「人定勝天」記念碑までの間の海岸には、海食溝、海食洞、甌穴、海食台などの海食景観が非常に発達しています。サンゴ岩海岸は海藻類の揺りかごで、魚やエビがこれを食べて暮らしています。そのため石門は磯釣りの人気スポットであるだけでなく、海岸の生き物を観察するのに絶好の天然教室なのです。
  • 石梯港
    石梯港
    石梯港は石梯坪の西北側にあります。台湾ホエールウォッチング発祥の地であり、クジラに出会える確率が台湾一でもあるため、ホエールウォッチングに出発するにはこれ以上ない場所です。外海では16種以上のクジラ類が見られますが、よく現れるのはくちばしが尖り身体に白い斑点があるマダライルカ、群で出沒するサラワクイルカ、「海上のバレリーナ」との異名があるハシナガイルカ、頭がいいハナゴンドウの4種。ここのホエールウォッチングでは、クジラ類を見られる確率は9割5部にも達します。4月になると、花東海域でトビウオが活発になる季節です。この時期にホエールウォッチングに出かければ、もう一つの収穫としてトビウオが見られるほか、トビウオを追いかけ、捕食するイルカの素早い動きを見ることもできるでしょう。 石梯港の沿岸域は漁獲量が非常に多く、漁市場では、カジキ、シイラ、トビウオ、カツオなどの水揚げが見られます。にぎやかなセリは朝7時半と午後4時です。新鮮な海の幸に舌鼓を打つなら、港湾内にはリーズナブルでおいしい食事処があり、取れたての海鮮を味わうことができます!
  • 行き届いたバリアフリー施設
    行き届いたバリアフリー施設
    バリアフリー施設の設置場所は平面図をご参照ください。
詳細
石梯坪には風と波に削られた特殊な岩海岸風景が広がっています。カニ、ヒトデ、ナマコ、ヤドカリ、カラフルな魚たちなど潮間帯にはたくさんの生き物が暮らしており、観察力が鋭い人が神秘を探りに訪れるのを待っています。夜は海食台にある石梯坪キャンプサイトにテントを張り夜明けを待ちます。雲を破って顔を出し黄金色に海面を照らす朝日を見ることができるでしょう。

世界的な屋外地質教室
石梯坪は花蓮県豊浜鄉石梯湾の南側末端にあります。全体が極めて広い海岸段丘で、海食台、隆起サンゴ礁、海食溝、海食崖など海食地形がいたるところで観察でき、中でも甌穴景観は台湾随一と言われます。

石梯坪海岸にはサンゴ礁群、熱帯魚群が豊かで、潮間帯と甌穴が形成する潮だまりには、さまざまな海藻、魚やエビ、貝類などの生き物が暮らしており、潮間帯の生き物を観察したり、ダイビングや磯釣りを楽しんだりするにも絶好の場所です。

観察は風景区の環状遊歩道から。または高さ17メートルの単面山に登れば、石梯坪の地質景観を見下ろすことができ、太平洋の広大な風景を目に納めることもできます。

発祥の地でホエールウォッチングを
石梯坪は生命力にあふれる港でもあります。漁船の水揚げでにぎわうだけでなく、台湾ホエールウォッチング発祥の地でもあるのです。每年夏、沖合に姿を現すクジラたちに会いに、船で海に出ましょう。彼らの優雅な姿を追いかけに、ホエールウォッチングの旅に出ましょう! 
情報
営業時間
/
  • 日曜日:24時間昼夜営業
  • 月曜日:24時間昼夜営業
  • 火曜日:24時間昼夜営業
  • 水曜日:24時間昼夜営業
  • 木曜日:24時間昼夜営業
  • 金曜日:24時間昼夜営業
  • 土曜日:24時間昼夜営業
施設
  • ステイ
  • 多くの駐車場
  • ビューポイント
  • バス停留所
  • 歩道
旅行のヒント
1.夏になると、太陽が暑くなるので、日焼けにならないように日焼け対策をしてください



2.潮間帯を鑑賞するなら、事前に中央気象局のホームページまで調べてください。旧暦の一日と十五日前後の干潮時間を選んだら、潮間帯生物を鑑賞する最高のタイミングです。



3.潮間帯を歩く時、足元に注意してください。