メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

秀姑巒溪

最高なラフティングスポット

更新しました:2020-10-15

公開日:2012-05-26

人気:3万

全長約104キロの秀姑巒溪は中央山脈に源を発する東部第一の大河で、海岸山脈を切り裂きながら太平洋に注ぎ込みます。長年にわたる侵食は急峻な峡谷を削り出し、曲流、河岸段丘などの地形景観を作り出しました。山脈を構成する沈積岩も千変万化に姿を変え、帝王石と呼ばれる巨石群は、白玉のように清らかで絵のような模様もあるため、「秀姑漱玉」と美称されています。

刺激100% ラフティング体験
ラフティングに適した時期:5〜10月の豊水期
所要時間:3〜4時間
休憩地点:奇美休息区
秀姑巒溪を満喫するのに最高の方法はラフティングです!瑞穂大橋から出発し、険しい激流を流れ下り奇美吊橋を過ぎ、最後は秀姑巒溪河口の長虹橋で終点です。隠れた渦潮や突如現れる急流に注意しながらも、流れが穏やかなところでは川岸の風景を存分に堪能することができます。全身ずぶ濡れになりながらの冒険は100%の刺激に満ちています!

秀姑巒溪の奇岩怪石
秀姑巒溪に沿って延びる瑞港公路は、海岸山脈の地質や地形を観察するのに絶好の路線です。中でも奇美大峡谷と秀姑漱玉は見逃せないスポットです。秀姑巒溪の西側には砂岩と頁岩が交互に重なり、まるで巨大なミルフィーユのよう。これが奇美大峡谷を有名にしています。秀姑巒溪下流の川床で見られる秀姑漱玉は石灰石で、清らかな白玉のような美しさで知られています。

特色

  • 歷史と文化

    歷史と文化

    「秀姑巒」はアミ語の「芝波蘭」から来ています。「河口にある」という意味で、もともとは港口村の旧名でしたが、後に川と山の名前になりました。
    アミ族は秀姑巒溪の流域に最も古くから暮らす先住民です。日本統治時代、秀姑巒溪西側へブヌン族が強制移住させられ、それと共に秀姑巒溪中流の玉里の長良里に日本移民村が建設されました。清代末期になって漢人が徐々に移り住むようになりました。

  • 自然の生態

    自然の生態

    秀姑巒溪は台湾では希少な汚染されていない河川で、30種余りにも上る淡水魚が生息しています。中でも保護動物に指定されているフトクチマガリが最も貴重です。下流溪谷両岸には少くない熱帯雨林が残っています。哺乳類ではタイワンザルが最もよく見られますが、鳥類もこれまでに100種あまりが発見されています。自然がたいへん豊かな場所なのです。

  • 奇美集落

    奇美集落

    奇美は秀姑巒溪の中流地帯、花蓮県瑞穂鄉海岸山脈の中央にあります。四方を山に囲まれ風光明媚で、曲がりくねった溪谷と段々と層を成す河岸地形を有し、特有の自然景観を形成しています。

    「奇美」はアミ語の「 Kiwit」の音訳で、「硬くてしなやかで、梱包に用いられるつる植物-カニクサ」のことです。そこから、部族の命脈がつる植物のように硬くしなやかであることを引いているのです。奇美集落では今でも厳然たる年齢組織が維持されており、捕魚祭、豊年祭も古式に則り執り行われています。音楽とダンスはアミ族文化において非常に重要な地位を占めています。特に竹で作られる打楽器Kokagと豊年祭で青年男子が踊るCiopihayは特別な存在です。

  • 秀姑巒溪ビジターセンター

    秀姑巒溪ビジターセンター

    「秀姑巒溪ビジターセンター」は花東縦谷の瑞穂大橋のそばにあり、秀姑巒溪ラフティングの起点です。ビジターセンターの建物は先住民の伝統建築を模しており、エントランス前広場には巨大な先住民トーテムが立っています。センターの1階と2階の展示区では、秀姑巒溪のラフティングで通る部分の生態資源について紹介し、ビデオ放映室ではラフティング安全ビデオを放映しています。キャンプサイトも設置されており、ラフティングのシーズンは毎年、行楽客でにぎわいます。

  • 謝徳武河岸段丘、奇美大峡谷

    謝徳武河岸段丘、奇美大峡谷

    瑞港公路の見晴台から前方を眺めると、眼前に広がる風景は円形劇場のようです。それが謝徳武河岸段丘。秀姑巒溪はここから東へ曲がります。

    秀姑巒溪は花東縦谷に沿って南から北へ流れていますが、徳武河岸段丘で東へと流れを変え、海岸山脈へと切り込み始めます。こうして片側の岸には美しい「曲流」を、もう一方の岸には「河岸段丘」を形成しました。河岸段丘は5段あり、しかも北へ行くほど低くなっているため、段丘上は耕作、居住に最適な環境です。

    奇美では、峡谷のような壮観な地形を目にすることができます。よく見ると、一段一段重なり、ミルフィーユのようです。砂岩と泥岩でできている大地が、川の水に侵食され硬い部分が残ったのです。そのため川岸にミルフィーユのような段々景観ができました。

  • 12生肖(干支)石

    12生肖(干支)石

    秀姑巒溪が旧長虹橋付近を流れ過ぎる頃、川幅が突然広がり、河床には帝王石と呼ばれる巨大な石灰岩が現れます。長年にわたり水に削られ、奇々怪界な「万物相」を見せる奇石景観が出来上がりました。これら岩石は白玉のように清らかに白いため、「秀姑漱玉」の美名でも呼ばれています。

    每年3月から4月にかけての初春の頃が、花蓮県秀姑巒溪下流で「秀姑漱玉」を見るには最良の時期です。これら奇石は、トラやヒョウ、獅子やゾウ、伝説の生き物-麒麟や鳳凰のようでもあり、神亀が昇天しているように見えるもの、蓮花宝座におられる観音さま、猪八戒やベートーベンに似ているものもあります。ここでは大いに想像力を働かせ、何に見えるか、家族で言い合ってみるのも楽しいでしょう。

  • 瑞港公路

    瑞港公路

    瑞港公路は秀姑巒溪の風景を眺望できるもう一つのルートです。西は瑞穂を起点とし、秀姑巒溪の畔を巡り、約22.5キロに渡って続きます。大部分は清朝の統領、呉光亮が開いた古道を徐々に広げて作られました。道沿いの風景がすばらしく、またラフティングにも便利なため、海岸山脈を横断する三本の道路の中で、最も多くの行楽客が利用する観光道路となっています。

    秀姑巒溪に削られ、切り開かれ、海岸山脈には多くの急峻な峡谷が作り出され、また同時に地質構造もこれによって地表に顔を出しました。溪流が作り出した曲流、河岸段丘などの地形景観も発達しており、地質や地形について学べる絶好の青空教室です。

    ラフティングのシーズン、秀姑巒溪に寄り添う瑞港公路からは、水しぶきをあげ、激流と格闘するラフティングボートが見られます。また早朝、夕暮れ時は、バードウォッチングに最高の時間帯です。

ディテール

施設

  • 解説
  • ビジターセンター
  • 展示ホール
  • 多くの駐車場
  • 公共のトイレが
  • ビューポイント

お薦めのモデルコース

アクセス方法

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

旅行のヒント

1.ラフテイングイするなら、必ず注意事項をよく守ってください。



2.夏になると、太陽が暑くなるので、日焼けにならないように日焼け対策をしてください



3.大雨の後に、事前に道路情報を確認して、山崩れとか落石などを注意してください。

Instagram @ecnsa

圖片文字介接自Instagram,版權屬原作者所有
Top