メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

長虹橋

青い波上の長虹

更新しました:2012-05-26

公開日:2012-05-26

人気:3.1万

長虹橋は秀姑巒溪を渡って、靜浦と港口の集落を連結して、秀姑巒溪ラフテイングの終点です。長虹橋には新しいと古い二座あって、新長虹橋は鮮やかなサーモンピンクの色にして、橋面には高速、低速で分離された自転車と歩行者の歩道があって、ラフテイングイベントを合わせて、八座の展望台が設置されて、橋の上から橋の下を通るラフテイングが眺められます。旧長虹橋は民国58年(1969年)に建設して、台湾で初めての1スパン型PRC構造のゲルバー橋で、現在歩行者の専用歩道が設けられて、橋の上から新長虹橋と秀姑巒溪が海へ流れていく美景が見られます。
新旧長虹橋から河口を眺めたら、河口の中央に火山集塊岩で作られた島があって、それは奚卜蘭島という名前で、獅球嶼とも呼ばれています。

ディテール

施設

  • 歩道

お薦めのモデルコース

アクセス方法

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

旅行のヒント

1.奚卜蘭島に上るなら、潮汐の時間をよく注意してください

Instagram @ecnsa

圖片文字介接自Instagram,版權屬原作者所有

周辺の観光スポット

Top