メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

富岡漁港

加路蘭湾の風情

更新しました:2012-10-22

公開日:2012-10-22

人気:4.4万

富岡は旧名を「猴子」といい、緑島から東海岸に上陸した原住民が最初の一歩を記した地です。彼らはここから海岸線に沿って移動したため、地縁のある付近には当時の遺跡が残っています。
原住民は今も港の西南側の高台にある海岸段丘に居住しています。富岡漁港ができた後、漁港西側の海岸段丘に移住した人々が形成したのが、かつての富岡新村で、住民の多くは漢族です。付近で主に農業を営む住民は、街の周辺に暮らしています。

ディテール

施設

  • 解説
  • 警察
  • ダイニング
  • ステイ
  • 公衆電話
  • ガソリンスタンド
  • 多くの駐車場
  • ビューポイント

お薦めのモデルコース

【第1日】台東市→富岡漁港→小野柳→加路蘭風景区
【第2日】水往上流→都蘭→東河レジャー農場→阿美族民俗センター

アクセス方法

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

旅行のヒント

港は一日中開いていますが、魚の取引時間は午前8時から午後5時までです。
2.富岡漁港埠頭には魚市場もあり、安くて新鮮な海産物を買うことができ、港周辺の海鮮料理レストランでは、最高のシーフードが楽しめます。
3.ペットを連れて凱旋客輪(フェリー)に乗船する際には、誓約書に署名の上、ペットキャリーにいれて下さい。しっかりと蓋を閉め、トイレの始末を完璧に行うようお願いします。

Instagram @ecnsa

圖片文字介接自Instagram,版權屬原作者所有

周辺の観光スポット

Top