メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

八仙洞ツーリストサービスセンター

八仙洞で出土した長浜文化遺物

更新しました:2020-10-14

公開日:2010-08-04

人気:3.7万

水曜日:08:30 – 17:00
The Information From Google.

地質景観と先史遺跡を有する八仙洞は、台東県長浜鄉の海に面した断崖にあります。自然に形成された十数個の海食洞で、元々は海面にありましたが、現在は150メートルの高さの断崖に口を開けています。これは東海岸の地殼が上昇する過程で、岸壁の軟らかい部分が波に削られたためです。八仙洞にはそれぞれの海食洞に通じる遊歩道が設けられています。洞窟の最大のものは霊岩洞で、最も高い位置にあるのは高さ130メートルにある崑崙洞です。その他にも乾元洞、朝宸洞、海雷洞、潮音洞、永安洞、水簾洞などと名付けられています。洞窟の多くには祭壇が設けられているため、名前も宗教色を帯びているのです。

八仙洞には重要な先史遺跡もあります。旧石器時代の先陶文化の遺物が非常に多く発見されたため、「長浜文化」と命名されています。これは今のところ、台湾で最も古い先史文化遺跡で、重要性が高いことから、国家一級史跡に指定されています。

特色

  • 八仙洞の木敷き遊歩道

    八仙洞の木敷き遊歩道

    八仙洞の各洞間は環状木敷き遊歩道で繋がれています。遊歩道を通ることで各洞窟を効率よく見て回れ、八仙洞の自然の美景を余すところなく堪能できます。

  • 展示区の一角

    展示区の一角

    1968年、台湾大学人類学科の宋文薰教授と地質学科の林朝棨教授が率いる調査隊は、台東県長浜鄉の八仙洞で、台湾で初めての旧石器時代文化を発見しました。後に著名な考古学者、李済博士が長浜鄉の地名をとって、この文化を「長浜文化」と名付けました。

    八仙洞で出土した長浜文化の遺物は、打ち掻いて作られて礫石器がほとんど。骨器、獣や魚の骨などの残骸も見つかっています。放射性炭素年代測定によれば、長浜文化は約三万年前から五千年前ほどまで続いたと考えられます。

ディテール

電話 089-881418
営業時間 日曜日:08:30 – 17:00
月曜日:08:30 – 17:00
火曜日:08:30 – 17:00
水曜日:08:30 – 17:00
木曜日:08:30 – 17:00
金曜日:08:30 – 17:00
土曜日:08:30 – 17:00
The Information From Google.

施設

  • ビジターセンター
  • 展示ホール
  • 多くの駐車場
  • 公共のトイレが
  • 歩道

アクセス方法

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

周辺の観光スポット

Top