跳到主要內容區塊定位點
主要內容區塊

静浦先住民集落

更新しました:2023-04-11
人気
1228
台11線67.8K地点
観光攻略
  • 静浦先住民集落で半日ツアーやパッケージツアーを予約可
  • 秀姑巒溪河口で海と川が交わる風景を堪能
  • 先住民集落で金鐘賞「厨房の神」の料理に舌鼓
  • 「新太平洋一号店」で働くワーキングホリデーの情熱
特色
  • 大港口事件
    大港口事件
    大港口事件は別名「奇密社事件」。今日の静浦集落の小学校で発生しました。1877年、清朝は台湾先住民に対して「開山撫番」政策を実施しました。当時、清朝の役人が、水尾(今日の花蓮瑞穂鄉)から港口先住民集落までの道を強引に開こうとし、港口、奇美など先住民集落のアミ族が反発。なかなか武力鎮圧に至らなかったところ、清朝官吏、呉光亮が懐柔政策をとり、先住民集落の指導者層を宴席に招きました。ところが、招待者が酒に酔ったところで一斉に射殺。これにより、大港口集落では指導者層の多くが失われ、「大港口事件」として台湾史に深い傷跡を残しました。現在、静浦国小には「大港口事件紀念碑」が立っています。
詳細

「静浦」は花蓮県豊浜鄉最南端の村落です。北回帰線標示は静浦村の南方にあります。地元住民はアミ族がほとんどで、アミ語で静浦は「Ciwi’(音としては「札位Zhá wèi」に近い)」と言い、「山の峰と峰との間の平地」という意味です。静浦は秀姑巒溪の河口に位置するため、秀姑巒溪でラフティングを楽しんだら、長虹橋を抜けた後、到達地点としてここから上陸します。近年、先住民集落が各種のユニークなツアーを運営しており、太平洋をバックに海岸山脈、秀姑巒溪、奚卜蘭島が見られる独特の景観もあって、静浦集落の美しさがたくさんの人に知られるようになっています。
鳥瞰部落全景
静浦集落が近ごろ力を入れている体験型ツアーは、集落の住人であるアミ族の暮らしからヒントを得たものです。ツアーコースに参加することで、先住民族の暮らしを疑似体験できるのです。「八卦網」はアミ族にとって伝統的な川漁の道具で、アミ族青年はこの漁の技法を必ず習得しなければなりません。また「膠筏」は静浦集落と対岸の港口先住民集落とを往来する際に、川を渡るための交通手段でした。愉快な体験型ツアーでは、河口の美しい景色を楽しみながら、早朝のシラスウナギ漁、ミナミスナホリガニ取りなど、素朴で自然と渾然一体の先住民集落の日常の物語を聞くこともできます。
裝置藝術
静浦では、集落運営のツアーコースの他に、地元の廚神(厨房の神)「陳耀忠」が開設したレストラン「陶甕百合春天」で、グルメがこれを目的にわざわざ足を運ぶ、先住民風情のおまかせ料理が楽しめます。静浦集落は、東部海岸国家風景区で「東部海岸先住民集落ワーキングホリデー」を初めて開催した集落です。「体験だけじゃない、参加しないと」を合言葉に、たくさんの若者たちが繰り返し何度も参加しています。こうして進化バージョンのビジターセンター「新太平洋一号店」が設立されたのです。静浦を訪れる際には忘れずに足を運びたい旅のスポットです。
靜浦工坊

情報
電話
/
03 878 1697
営業時間
/
09:30–16:00
施設
  • ダイニング
  • 多くの駐車場
  • 公共のトイレが
旅行のヒント
駐車場あり
旅行のヒント
1.先住民集落ツアーは事前予約歓迎です
2.集落の生活区域に入る際には住民に敬意を払い、絶対に住宅へ勝手に入らないでください。
3.川/海の砂/石、野生動植物の採取/捕縛は絶対におやめください。