メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

三仙台の初日の出

更新しました:2019-10-19

公開日:2019-01-02

人気:207

參與三仙台迎曙光活動人潮
毎年1月1日、台湾本島の平地から通常最も早く日が昇る場所である台東県成功鎮の三仙台。交通部観光局東部海岸国家風景区管理処では2000年から「三仙台初日の出」イベントを開催しています。毎年の元旦には5、6千人が三仙台の砂利浜に集まり、気温が低く寒い天気でもハートは最高に温か。皆が東の海を見つめて声高に「10、9、8、……3、2、1」のカウントダウンで初日の出を迎え、願い事やお祝いをします。

三仙台は成功鎮の北東約3キロメートルにある、火成岩からなる離島です。風や海水による浸食で奇岩が多く、海浜植物の種類も豊富。東管処は島に環状歩道を設け、2019年には台湾で初めて無人島に「太陽ちゃん郵便ポスト」を設置しました。観光客は初日の出を迎えた後、環境保護のための海岸清掃活動に参加できるほか、「三仙台初日の出」イベントのハガキを手に八拱橋(8つのアーチ橋)を渡り、家族や友人にお祝いの言葉を「太陽ちゃん郵便ポスト」から投函できます。その後は島を一周して風景や生態観察を楽しみましょう。

写真

Top