メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

秀姑巒渓国際トライアスロン

更新しました:2019-10-19

公開日:2019-06-16

人気:208

選手們舉槳準備出發

秀姑巒渓は台湾で唯一、中央山脈の東側から流れ出で、しかも海岸山脈を横切っている川です。その下流は花蓮県瑞穂郷から東へ海岸山脈を通り、豊濱郷大港口で太平洋へ出ています。この区間の長さは約21キロメートル。途中にあるアミ族奇美部落以降は、川底にたくさんの不思議な形状の白い巨大な岩が散乱している、非常に美しい景色が見られます。水量も多く、無人のため汚染もない良い水質で、さらには急こう配の地形で早瀬や渦などが無数にあるため、一年を通してラフティングに最適な場所です。

秀姑巒渓では1981年頃からラフティングが増え始め、1988年に東管処が秀姑巒渓ラフティング大会を開催して現在に至り、この地で最も歴史が長く、最も代表的なイベントとなっています。当イベントは毎年6月上~中旬に行われ、当初はラフティングのみでしたが、2009年から台湾で唯一となるラフティング、ランニング、自転車の「秀姑巒渓国際トライアスロン」となりました。国際トライアスロン大会は鉄人三項組(ラフティング+ランニング+自転車)、鉄人二項組(ラフティング+ランニング)、鉄三角リレー組に分かれています。コースはラフティング11キロメートル、ランニング12.6キロメートル、自転車44キロメートルの計67.6キロメートル。「秀姑巒渓国際トライアスロン」は、アウトドアスポーツが好きな方や自分自身に挑戦したい方に絶対お薦めです。

 

写真

Top