跳到主要內容區塊定位點
主要內容區塊

水璉の古い穀物倉庫を 集落の新しい注目スポットに

更新しました:2021-11-25
人気
995
糧倉內部改造後

交通部観光局東部海岸国家風景区管理処(以下東管処と略す)は、今年「東海岸集落の持続可能な観光開発と実証プロジェクト」及び「東海岸アートライフプラットフォームタンデムプロジェクト」2つのプロジェクトを取り扱い、花蓮県生態文化レジャークリエイティブ産業の持続可能な発展協会より東管処へ申請しました。水璉集落は古い穀物倉庫をリノベーションし、さらにアーティストの簡吟如のプロデュースにより、集落の移り変わりの歴史を生き生きと壁面に描いて、10月23日に開所式を行い、皆に水璉の新しいアートの注目スポットの設立を知らしめました。

糧倉內部改造前糧倉內部

花蓮県生態文化レジャークリエイティブ産業の持続可能な発展協会は、地元の協会であり、「古籟(ジライ)ハンタースクール」の体験ツアーを運営しています。協会のメンバーは2017年から東管処の駐在研究員のプロジェクトに参加し始めて、カリキュラムの学習・ディスカッションを通じて、集落は観光ツアーの環境を永続し、持続可能な旅行の方向性・コンセンサスを凝集しています。今年は東海岸集落の持続可能な観光開発と実証プロジェクトの中の実証ポイントの選定に参加し、国有財産署の廃棄穀物倉庫をリースで利用し、スペースを改造・再利用し、「水璉生活博物館」のプロジェクトが提出され、集落の職人によって改造が進められました。その中には、屋根の補修・窓の修理・壁の塗装などの作業項目が含まれています。同時に東管処の「東海岸アートライフプラットフォームタンデム案」のプロジェクトサポートを勝ち取り、アーティストの簡吟如と欧舟夫妻を村に駐在してもらうように招き、穀物倉庫の中で「先祖から広く伝わってきた話」の創作を進めました。

部落遷移史呈現在壁畫上

将来的には集落の移り変わりの歴史解説・山と海に関する知識と文化の展示・DIY体験・集落の文化交流・ガイド解説トレーニングの拠点として使用でき、かつては旧省道だった古い町並み・沿道の昔の油屋・精米所・薬屋・診療所・雑貨屋等を含めた水璉集落の全盛期の集落の生活の場をつなげることによって、その中を歩いているとまるで生活している所に身を置いているかのような博物館にします。

水璉部落修繕了舊糧倉

より多くの観光客に水璉という昔の集落を知らしめ、水璉集落のプチ旅行と集落ガイドツアーを推進するのに役立てる以外に、集落の観光産業を推進することによって、適切なビジネスチャンスを創り出し、集落を離れている若者に集落に戻って発展させたいと思わせ、同時に集落の仲間を「水璉生活博物館コア拠点改造プロジェクト」で集落の将来の運営に共に参加させます。

糧倉外部改造後

穀物倉庫は2021年10月23日(土)に正式に落成し使用開始しました。特別に開館式が行われ、集落の高齢者を招き、一同皆共に努力した成果を目の当たりにし、水璉集落の昔の生活の温かさや多様な集落の伝統の知恵を感じました!
写真
  • 糧倉內部改造後
  • 糧倉內部
  • 糧倉內部改造前
  • 水璉部落修繕了舊糧倉
  • 部落遷移史呈現在壁畫上
  • 糧倉外部改造後