メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

「新太平洋一号店」ツーリストサービスセンター

更新しました:2015-11-02

公開日:2015-10-02

人気:3708

秀姑巒溪の川床には、長年の水流によって形の変わった美しく澄んだ石灰石があり、「秀姑漱玉」という美しい名前で親しまれています。そして、サービスセンターの内装デザインのコンセプトも、この美しい石に由来しています。サービスセンターの外壁はこの石のように美しい白色で塗られ、アルミ製の鉄板は日差し除けとして使われています。古い文化に由来する傾斜のある屋根は、観光客にも人気です。
2015年10月2日に新しくオープンした「ツーリストサービスセンター新太平洋一号店」は、「奚卜蘭サービスセンター」に取って代わるように作られました。地元の「ヤビス」という団体が、現地の情報提供や、台東の現地民・排盃族の青年「」氏の内装デザイナーとしての招致に寄与しました。建物の内装は謝聖華(シャ.セイ.カ)氏によって、排湾族の文化を象徴するように作られました。木を基調に用いてデザインされた内装は、改装以前の印象を一層しました。一階では、観光案内だけではなく、本屋やカフェ、現地民の芸術品販売、東海岸に存在する異なる部族の紹介などのサービスも行っていく予定です。二階は、シンプルで柔和的なデザインがアットホームな雰囲気を演出し、人々の交流の場として使用されています。
 
お立ち寄りの際は、是非、足を踏み入れてみてください。
 
 
 

写真

Top