メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント

成功へ向かうバス

成功でゆったり旅 成功へ一直線

潮風が吹き、海の香りと漁港のセリの声を運んできます。
漁師たちが港に戻り水揚げを始めたのです。魚市場が動き始め、活気付いてきました。成功鎮は古くは「麻荖漏」と呼ばれていました。成功漁港は、アミ族の言葉では「新港漁港」とも呼ばれます。東海岸で最も重要で最も大規模な漁港で、新鮮な海の幸、特にカツオの水揚げで知られています。

専門家に従えば、より深い旅ができる

予約制の専門ガイドが成功鎮をより深く案内してくれます。ぼーっと見て回るだけではありません!
「鏢旗魚(カジキの突きん棒漁)」を体験し、郷土の物語に耳を傾け、美食を味わい、小さな漁村の真髄を旅の思い出にしまいこみましょう!

絶世の美 ランドマーク

  • 三仙台

    三仙台

    台湾で一番早い朝日は、毎日必ず三仙台を照らします。眠りこける大地を起こしてくれるのです!台東県成功鎮東北方にある三仙台は、小島とサンゴ礁海岸で構成されています。島上には多くの奇石がありますが、呂洞賓、李鉄拐、何仙姑の三人の仙人がかつてこの島に上陸したとの伝説があり、三つの巨大な岩石にはその名が付けられています。
    三仙台へと海を跨ぐアーチ橋は、赤色と灰色の八個のアーチ橋が繋がってできており、波の上に伏せた龍のような姿が勇壮です。

    台東県成功鎮基翬路74号

    入場料情報:駐車料金が必要

    089-854097

    24時間営業

  • 石雨傘

    石雨傘

    成功鎮北方の海岸にある長さ1kmに及ぶ岬で、石灰岩隆起の海蝕地形に属し、非常に有名な地質景観です。中でも有名なのは平衡岩です。細長い岩石が大きなサンゴ礁岩をしっかりと支え、特殊なバランス構造を形成しています。その岩が雨傘のように見えるため、ここは石雨傘と呼ばれるようになったのです。石雨傘では、地元の人のパラダイス-小船澳ビーチで波と戯れ、のどかな海洋風情を感じましょう!

    台東県成功鎮台11線105.8km道路脇

    089-281530

    24時間営業

  • 小馬トンネル

    小馬トンネル

    成功鎮が長い歷史を有する場所だと知る人は多くありません。けれども歷史旧跡に指定されている「小馬トンネル」はすでに八十年の歷史があり、台東県内の平地道路に唯一残るトンネルなのです。日本統治時代、小馬圳(水路)が整備された際、アミ族の人たちが強制的に働かされ、暗渠は、車が通れるトンネルに改修されました。トンネルは幅3.5m、高さ3.75m、長さ230mで、車は一方通行です。当時は泰源盆地への唯一の通り道だったため、台東人は泰源トンネルと呼んでいました。このトンネルを通り抜けると、目の前が突然明るく広がり、希望への扉が開いたかのように感じられるでしょう。

    台11線を南下し129Kを過ぎたら右折して成功隧道路へ入り前進すれば「小馬トンネル」東端に着きます。「小馬トンネル」を抜けると、台23線東富公路に繋がります。

  • 都歷ビジターセンター屋外草地

    都歷ビジターセンター屋外草地

    広大な草地には、每年開催される「大地芸術祭」の出品作が所々に置かれています。北は三仙台に臨み、南は緑島に向かい、緑の草地と青い海を背景に、ここではのんびりくつろぎ、または最高のインスタ映え写真を撮影しましょう。東海岸の風景はいつでも魅力的です。ここは「月光.海音楽会」の天然の舞台でもあります。

    台東県成功鎮信義里新村路25号

    24時間営業

    アクセス:台湾好行-東部海岸線で「アミ族民俗センター」下車

  • 宜湾卡片教堂(カード教会)

    宜湾卡片教堂(カード教会)

    この白いゴシック建築は、行楽客の目を釘付けにします。宜湾長老教会は東海岸でも特筆に値する特色ある教会です。教会の外観は、建築家が幼い頃に集めていたカード上の建築様式を青写真に設計されたと言われ、そのため「卡片教堂(カード教会)」と呼ばれています旅の途中に近くを通りかかったなら、このカラフルでキュートな教会にぜひお立ち寄りください!

    台東県成功鎮博愛里宜湾路11号

    外部見学のみ。内部は公開していませんので、ご了承ください。

    住宅街にありますので静かに見学し、周辺住民の迷惑とならないようご注意ください。

  • 「心驛耕新計画」の教会

    「心驛耕新計画」の教会

    台東成功にある新港基督長老教会は、85年の歷史を有する日本式の古い建物です。施主は日本統治時代に新港支庁の長官だった宮勝太郎で、この地を愛した宮は転勤を断り、辞職して新港に居住し、1932年にこの二階建ての木造建築を建てました。1946年キリスト教長老派の信者であった高端立医師がここを購入し「高安診所」を開設。20年前に新港教会が買い受けました。2015年「歷史建築夢想計画-心驛耕新」が策定され、地元の政治、医療、宗教の変遷を見てきた、この老建築を改めて見つめ直し、新港というこの土地に種を蒔き耕していこうという機運が高まっています。

    台東県成功鎮中山東路59号

    089-851074

    見学受付時間:火曜-金曜10:00~18:00、土曜14:00~18:00、月曜休館

    近隣は住宅街ですので静かに見学し、周辺住民の迷惑とならないようご注意ください。

  • 都歷「天空の鏡」

    都歷「天空の鏡」

    都歷部落の近くにある秘境とも言えるビーチです。潮が引き海面が静かに凪ぐと、浅瀬に天空が美しく映し出されます。そのため台湾の『天空の鏡』と呼ばれ、ブログやインスタグラムで絶景写真が盛んにアップされ、聖地となっています。

    台東県成功鎮信義里都歷部落(台11線123.5K付近)

    引き潮前後一時間が「天空の鏡」を撮影するのに最適の時間です。予めインターネットで当日の引き潮時間をお調べください。

先住民文化

  • 比西里岸部落

    比西里岸部落

    「比西里岸Pisirian」は成功鎮三仙コミュニティの臨海部にある小さな先住民部落です。アミ族の言葉で「siri」とはヤギを指します。かつて部落にはヤギが多かったため、「Pisirianヤギを飼う地」と命名されたのです。波の音に誘われ静かな路地を進むと、台湾人アーティスト幾米の作品に出会えます。そしてPisirianの命のリズムが感じられるでしょう。

    台東県台東市白守蓮コミュニティ

    コミュニティ伝統の宝抱鼓演奏は電話でご予約ください(089-854434,0915-777124)。

  • 都歷部落

    都歷部落

    都歷部落は山を背に海に面し、美しい風景、天然の良港、肥沃な土地に恵まれています。部落に足を踏み入れると、先ずはヤシの葉で屋根が葺かれた伝統の茅屋(部落の接待センター)が目に飛び込んできます。豊かな歷史文化と暮らしが、他とは異なる都歷部落ならではの風貌を形づくりました。都歷部落では先住民風料理に舌鼓を打ち、プラスチック筏で海に漕ぎ出す刺激的な体験ができます。ゲットウの葉でバラの花を作る手作り教室、巻きタバコ手作り教室、部落ガイドツアーなどに参加すれば、体験型の深い旅ができるでしょう。

    台東県成功鎮都歷路63之1号

    089-841896 / 0966-509919

    09:00-17:00

    「郷に入っては郷に従う」の精神で、部落の先住民文化を尊重してください

  • アミ族民俗センター

    アミ族民俗センター

    「アミ族民俗センター」は「東部国家風景管理処」に隣接しています。敷地面積は約2haと広大。ここでは伝説の弓の名手になり、アミ族伝統のビーズアクセサリー作りを体験し、伝統楽器「排笛」の演奏を鑑賞しましょう。アミ族伝統の歌とダンスも上演されます。ここはアミ族の伝統文化を体験できるだけでなく、親子の休日にも最高の場所です!

    台東県成功鎮港辺路1-5号1階

    089-841751

    月、火、木、金、土、日 09:00~17:00、水曜休館

漁村人文

  • 成功海洋環境教室

    成功海洋環境教室

    成功新港漁港の近くには「海洋環境教室」があります。ここではクジラ・イルカ類、映画『戦浪』で描かれた「鏢旗魚(カジキの突きん棒漁)」の解説と器具、成功独自の漁業文化を紹介しています。無料で解説を受けられるので、台東周辺の貴重な海の生態をよく理解できるでしょう。屋外には一人用の鏢旗魚台があり、台に立つことができるので、成功鎮ならではの鏢旗魚を真似て、波の上での漁師たちの苦労を偲んでみましょう!

    台東県成功鎮港辺路1-5号1階

    0978-236307

    見学受付時間:09:00 – 12:00、 13:00 – 17:00、火曜、水曜休館

  • 台湾でここだけの旗魚神(カジキの神様)-万善廟の旗魚神

    台湾でここだけの旗魚神(カジキの神様)-万善廟の旗魚神

    万善廟は、もともとは不慮の死を遂げた、海に漂う魂を鎮めるための小さな廟でした。1956年地元の仕紳、李益義が台南の「南鯤鯓」を分祀しここに廟を建立し今に至ります。每年旧暦8月24日は万善爺公の生誕日で、各地から参拝客が押し寄せます。2000年万善爺公の許しを受け、台湾でただ一つの旗魚神が作られ祀られました。重さ200kg、長さは3.6mにもなる木製の『旗魚神』は、元宵節の神明巡行の際には成功鎮の「スーパースター」です。

    台東県成功鎮港辺路19号
    台11線114km付近で中山路に入り、約450m直進し突き当たったら漁港まで歩道があります。車両なら、中山東路を右折し100mほど進んだ後、民権路に左折し、行き止まりまで前進すれば港に到着です。

    089-851152

  • 魚市場セリ

    魚市場セリ

    成功漁港の漁市場でセリが行われる時は一日で最もにぎやかな時間帯です。初期の頃の魚介類の買い付けは「話し合い」で値段が決まっていましたが、後に「セリ方式」に変わりました。セリは週に六日間行われ、日曜日は休みです。毎日午後二時頃からセリが始まり、小魚から大物へと売りさばかれていきます。セリに参加するには、漁会(漁業組合)から仲買人の資格を取得する必要があります。セリ人は魚の鮮度、大きさに応じて先ずは「相場より高い」価格を呼びかけ、徐々に下げていきます。仲買人は価格に納得できれば頷き、声を出し、「手やり(指のサイン)」等で購入の意志を示します。購入の意志を持つ仲買人が複数いる場合には、より高い価格を呼びかけ(価格は下げられません)、セリ合うこととなります。どれだけ価格を上げるかは「度胸と経験」次第です。漁会セリ人と仲買人(魚屋)の間の掛け合いは、独特の「手やり」も加わり、「知恵の戦い」としても「力の戦い」としても、とても興味深いものです。

    台東県成功鎮港辺路19号

    089-851004

    24時間営業

    每年10月には「成功カジキ祭り」が開催されます

成功B級グルメは絶品

  • カジキ刺身

    カジキ刺身
  • トビウオ料理

    トビウオ料理
  • シイラのフライ

    シイラのフライ
  • カジキ団子

    カジキ団子
  • バナメイエビ

    バナメイエビ
  • カツオ

    カツオ
  • 干し魚魯肉飯

    干し魚魯肉飯
  • 客家小皿料理

    客家小皿料理
  • 冷たい豆花

    冷たい豆花
  • ビーフジャーキー

    ビーフジャーキー
  • 封仔餅(台東独特の月餅)

    封仔餅(台東独特の月餅)
  • ネーブルオレンジ

    ネーブルオレンジ
Top