メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

自然生態

植物

貴重な品種を大切にする

部の植物では、海抜3000メートルの高山亜寒帯から熱帯海岸間に色々な植物品種があって、例えば、針葉樹林、針広混交林、広葉樹林、熱帯雨林、海岸林、海辺植物などが分布していて、台湾にある各品種の植物が揃えています。秀姑巒溪両側での熱帯雨林、奚卜蘭島の有棘林、及び石梯坪、三仙台と小野柳のサンゴ礁群は全て台湾の貴重な生態景観です。その中、特に秀姑巒溪両側での熱帯雨林はほとんど破壊されていないため、更に貴重な存在になっています。現在台湾において、烏來、恆春及び蘭嶼のほかに、ここしか残っていません。

植物の紹介

貴重な品種を大切にする 貴重な品種を大切にする

動物

野生動物の本拠地

哺乳類
哺乳類

今まで、東部地区の開発は比較的に少ないため、野生動物の拠点がたくさん残っていて、台湾において、野生動物の本拠地になっています。調査によると、東海岸では、哺乳類の動物は20種類以上発見されて、その中の6種は台湾の特有な品種で、タイワンザル、コキバラネズミ、など、特にタイワンザルは代表的な動物になっていて、観察しやすいです。タイワンザルはよく台東東河の泰源幽谷で遊んでいて、朝早く或いは夕方に群れになって、森に出入りしていて、特別な景観になっています。

哺乳類
魚類

魚の方面、タイワンキングフィッシュ、スピニバルブス・ホーランディ、は台湾特有な品種です。秀姑巒溪において、毎年3月から8月までの回遊性の特徴を持って、温帯地区の有名な鮭の回遊活動と比べられるほど、世界一亜熱帯河回遊景観があります。毎年の春になると、海から続々秀姑巒溪へ泳ぎ込んできた命はまるで新しい命を歓迎するシンフォニーが開催するように、東海岸ならの独特な景観です。

鳥類
鳥類

東海岸の鳥類はおよそ150種くらいがあって、鳥鑑賞好きな方にとって、まさにパラダイスのような存在で、大量な鳥類と自然景観が揃って、中華民国野鳥協会は心を込めて13本の鳥鑑賞路線を提案した。特に、秀姑巒溪と馬武窟溪沿岸溪谷には渡り鳥或いは留鳥の数、種類が多くあります。台湾の東部及び恆春しか存在していない鳥類-烏頭翁と西部地区の白頭翁と対照的になって、珍しい地理分離の現象にもなっています。

海辺生態システム

海辺生態システム
豊富な海辺生物 生態観光のパラダイス

海辺生物は海辺潮間帯の間に生長する植物と動物と言って、激しい満潮干潮の変化に適応するために、長い進化プロセスの中に、それぞれ違う外形と構造へ発展しました。その多様な種類及び膨大な数によって、エキサイティングな世界になっています。 東海岸には川口、砂浜、砂利浜、岩礁などさまざまな海岸と生態があって、その中に数えられない種類と数の海辺生物があります。調査によると、現在まで約50種以上の大型藻類、140種以上の貝類、60種以上のサンゴ、130種以上の潮間帯魚類、その他百以上の甲殻類、多毛類、棘皮類動物があります。その中、綠島、石梯坪、三仙台、小野柳の海域では、各式のサンゴ群があって、そこに集まっている熱帯魚類及び各種の無脊椎動物が多数あって、ダイビングする人気のスポットで、特に緑島のサンゴ種類は220種にもあって、その多様性は世界の中にもなかなか見れません。

砂浜海岸
砂浜海岸

本地区の砂海岸はよく斜めになって、しかも落ち着いていないため、潮間帶が狭くなって、いくつか砂掘が早い動物しか生存できません。砂海岸の生物はよく砂層に隠れて、なかなか見つかりません。スナガニは満潮線の近くにある巣穴に住んでいて、夜になったら、外へ出て、食探しに行って、行動が素早く、巣穴の外によく砂掘した砂が放射状に残されることになります。波打ち際に巣穴から出てきて、波が下がったら、素早く巣穴に戻ります。二枚貝類もよく砂海岸で見かけて、鰓と水管で水の中のプランクトンを取り出して食べます。

砂利海岸
砂利海岸

砂利海岸の砂利が波打つ時に転んで、堆積の形状が良く変わって、固著性生物の成長にはなかなか不利です。転んでいる砂利に住んでいる動物は、ほとんど特殊な生存本領を持っています。クモヒトデは腕を切断して、砂利に挟まれた状況から逃げ出せますが、ヤドカリは固い殻で自分を守ります。えび、カニ類は石に挟まれた足を切断して逃げ出して、あまり血が出ないし、再生能力はちゃんと持っています。

岩礁海岸
岩礁海岸

岩礁の穴は海辺生物が住み着くには良いので、生物の種類と数量も大量にあります。いくつの大型藻類はわりと乾燥に耐えられるので、高潮線の近くにある乾燥な所で生存します。例えば、アオサとアオノリ。いくつが海中の石灰質を吸い込んで、体内で堆積して、その硬度で水流と対抗しながら、体内の有機質の比率を下げたことによって、ほかの動物が食べたがらなくなります。例えば、サボテングサ。高潮線近くにある動物はわりと吸着力が強くて、海水の力と捕食者と対抗できるように、例えば、ハデスマキボラ。

Top