メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

地理環境

地質地形

広大、限りがない地形 まさに地理学の自然教室
広大、限りがない地形 まさに地理学の自然教室

東部海岸エリアーはフィリピンプレートとユーラシアプレートとぶつかった後形成された陸地で、さらに河と海からの海食作用のため、険しい山、峡谷、川、テラスなどができました。海岸地区には変わり続くサンゴ礁と海蝕の風貌で、雄大、堂々たる地形になっています。 火山帯、島弧マグマ形成された海岸山脈はルソン島弧マグマから北へ延びてきて、島弧安山岩マグマからできた中新世から鮮新世かけての火山岩と火山の源でもはる海成堆積岩から形成されて、その地質は台湾の中央山脈と違って、さらに、険悪な地形で、圧倒的な迫力に満ちていて、その上に、優雅な景色、独特な風味が溢れています。 花蓮溪から卑南溪までの花東海岸には、テラス、砂浜、砂利浜、岸礁、 離岸島、岬と海蝕台、海蝕洞、海蝕溝などの海蝕地形が分布していて、しかも、二つのプレートがぶつかったため、陸地が隆起して、発達になって、そのまま地理学の自然教室になりました。

海岸山脈から島弧の変化
海岸山脈から島弧の変化

四百万年前、フィリピンプレートとユーラシアプレートがぶつかり合って陸化して、太平洋の下にあった台湾島が浮上して、海岸山脈も出てきました。 海岸山脈は花蓮と台東の間にあって、北から南へ延ばしてまるで杼のようになりました。奇美火成複合岩体、 都巒山層、大港口層、利吉層及び卑南山砂利岩など古い岩層から新しい岩層までに構成されました。

地質地形圖
地質地形圖
サンゴ礁海岸地形
サンゴ礁海岸地形
Coral Reef Coast Landforms

東海岸の小野柳、三仙台、大港口及び石梯坪などからサンゴ礁海岸が見れます。サンゴ礁海岸は水面下のサンゴ虫の残骸から堆積して形成されました。東海岸では、ほとんどは火山集塊岩の周囲に分布していて、陸地の上昇によって、現在の海岸位置に来ました。

凝灰岩海岸地形
凝灰岩海岸地形
Tuff Coast

海岸山脈は今から400-400万年前に遡って、当時火山活動が激しくなって、暴発的な火山はよく粗い、細い岩石と火山灰を空へ噴き上げて、落下したら、地上或いは海に沈んで、火山砕屑岩になって、その中の細かい火山灰が堆積して凝灰岩になりました。石梯坪にある白い海岸は凝灰岩海岸で、その凝灰岩層に火山灰が堆積した時、水と融合した時の跡がよく見かけられます。

岩石海岸の地形
岩石海岸の地形
Rocky Coast Landforms

東部海岸山脈の岩層には、礫石層、砂岩泥岩互層及び 安山岩質の火山岩などがあって、部分的な地区では、岩質が堅固なため、雄大な山領と険しい崖が並んでいます。強烈な波による海岸への衝撃して、海蝕壁になって、年月とともに、徐々に海蝕台及び岩石などの岩石海岸地形になりました。

礫岸地形
礫岸地形
Gravel Coast Landforms

海辺の堆積物は直径2ミリメートル以上の石だったら、砂利海岸と呼ばれています。例えば、三仙台の海岸。これらの砂利がほとんどは斑状安山岩から形成されたコブルで、そのほかは石灰岩砂利です。常識的には、大波みたいな強いエネルギーの波は砂利ができた環境でもあります。

砂岸地形
砂岸地形
Sand Coast Landforms

波、沿岸流などに砂が運ばれてきて、海辺に堆積したら、ビーチになりました。ビーチの堆積物は散る砂だったら、砂浜と呼ばれています。東海岸の磯崎灣は典型的な砂浜、違う時代の海蝕作用で、八里灣軟岩は中へへっこんできて峡湾が形成されて、砂を集中できて、ビーチはゲレーになっていて、峡湾の後ろに海岸テラスになっています。

気候環境

北回歸線橫跨 雨量豐沛且陽光普照
北回歸線橫跨 雨量豐沛且陽光普照

台湾東部南北の長さは約250キロがあって、北回帰線が通ったことによって、熱帯と亜熱帯が分けられてあって、ちょうど花蓮と台東の境にあって、両県の気候も若干違います。一般的に、花蓮の気候は台東より1-2度くらい低くて、夏の平均気温は約17―29度の間に、冬は16-20度にあります。しかし、夏の昼間はよく30度以上を越えました。温度は高くなっても、高い山と海に囲まれているので、西部都市のように蒸し暑くなりません。

季節風

夏(5月から7月まで)南西季節風、冬(10月から次の年の3月まで)中国北部寒流の影響で、北東季節風が流行っていて、東北の貿易風と吹き合って、夏の季節風より強くなりました。

台風

東海岸に台風が毎年の8-10月の間によく発生します。西太平洋エリアーの台風は台湾を通ることになったら、よく東部から上陸して、被害を受けました。台風は接近しただけで、通過しない場合、高い波は海岸を強く衝撃する珍しい、なかなか見れない景観ができます。

雨量

雨がたっぷりあって、年間は2000ミリに達するが、ほとんど夏の台風にもたらされたにわか雨で、微雨が少なくて、特に台東地区の日差しが明るくて、旅行に相性がいいです。

Top