メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

在地特產

農漁特產

黒潮から送ってきた海の幸 石梯坪飛魚及び成功かじき 人気のグルメ

海岸は太平洋黑潮主流の範囲で、広大な海域、回遊性及び底生魚の種類が多くあります。黒潮がつれてきた魚類が東部漁業にとって、命のような物であって、観光客に海鮮を満喫するチャンスを与えてくれました。その中、特に花蓮豐濱鄉石梯坪海域によく肥えた飛魚、かじき、シイラが出て、台東成功鎮からもよくかじき、マグロ、シイラ、かつお及び養殖の トコブシなどがあって、その中、特にかじきの種類が多くて、しかも新鮮で、グルメたちにとって、ほかにない美食です。魚類のほかに、台東東河鄉からもシュガーアップル、文旦ゆずが出て、まさに「フルーツの里」と言えます。

シュガーアップル

シュガーアップルまたは「バンレイシ」と呼ばれて、台東での栽培が良く成功して、シュガーアップルの実はほかの地区より2,3倍くらいの大きさがあって、毎年の7月から来年の3月までが収穫期で、時期になったら、道路の両側に大きくて香ばしいシュガーアップルがずらり並んでいて、一口を食べたら、甘さの中に蜜の味がして、柔らかくてぷりぷりな食感があって、更にシュガーアップルで作り上がったアイスクリームもあります。

干物

黒潮が通っているので、成功漁港には豊富な魚類があって、かじき、マグロ、かつおなどは全て成功漁港の代表的な魚で、その中に特にマグロで加工された干物は優れています。干物を作るにはマグロ背中の腹身にある筋肉を蒸す、焼くなどのプロセスを経て、干物の塊になってから、薄切りをしたら、調理に欠かせない調味料になります。

かじき

かじきは「マーリン」とも呼ばれて、海中大型捕食魚の総称で、地球の大洋で分布していて、そして、ほかの魚を主食しています。 毎年の九月に東北から季節風が来たら、かじきのシーズンになります。かじきの捕り方はほかの魚類と大きな違いがあって、「槍投げ」で捕ります。かじきの槍投げ方法は古きから伝わってきた漁猟法の一つで、日本の台湾統治時代に沖縄人から教われて、そして、台湾漁民によって改良した漁猟法でした。ベテランの漁民はかじきの跡を発見したら、揺れる波の中で素早く槍を魚へ投げて、そして船へ引っ張ってきます。成功は台東県においても、主なかじき産地で、最近かじきシーズンも開催して、かじきセットも好評を得ています。

シイラ

世界でシイラ科に属している魚が少なく、1属2種しかいなくて、台湾でよく見かけるのはシイラ(Coryphaena hippurus)一種で、タオ族(Tao)はaliyoと呼んでいます。シイラはよく海洋表層の近くで活動しているので、表層の魚をよく食べていて、例えば、小型のイカ、飛魚など。その故に、「飛烏虎feiuhu」と呼ばれています。シイラに臭みがなくて、しかも骨がないので、高級の魚ステーキができます。外国人は骨のある魚があまり好まないので、シイラはよくヨーロッパ、アメリカ、日本の人々に好かれていて、台湾で捕ったシイラはすぐ冷凍して、そのまま日本やヨーロッパへ送ります。高経済性の魚であって、成功鎮漁民の主な収入になっています。

飛魚

飛魚は大洋高温の表層回遊性魚類で、春の時に、黒潮と共に北へ行って、蘭嶼タオ族(Tao)にとって、一年中重要は食べ物で、そして、東海岸のアミ族(Amis)にとっても同じく重要です。毎年の四月中旬から、六月中旬まで東海岸の飛魚シーズンになったら、漁民たちは夜に明かりをつけて、船を漕いだら、飛魚が群れになって、明かりに近づいてきたり、船のデッキに跳ね上がってきたり、一晩中、百キロ以上の飛魚を捕ったのも少なくありません。これは黒潮からタオ族(Tao)(ヤミ族とも呼ばれている)とアミ族(Amis)への贈り物です。

ネーブルオレンジ

特殊な地理及び気候環境のため、台東縣成功鎮は毎年11月から次の年の1月まで「三仙台ネーブルオレンジ 」が出産します。「ネーブルオレンジ」と呼ばれるのはその下の形は体の臍とよく似ています。「ネーブルオレンジ」に種がなくて、サイズも普通のみかんよりやや大きくて、オレンジの二倍くらいあって、肉が細かく、ちょうどな甘さと酸っぱいさ、一度食べたら、なかなか忘れられない味があって、ミカン科の中で、一番美味しいですが、なかなか植えにくいです。そのため、コストが高くて、生産量が少ないので、極めて珍しい果物です。

東河バレンシアオレンジ

バレンシアオレンジまたは「バレンシア」とも呼ばれて、オレンジの一種で、酸っぱいの中に甘みがあって、その変わった味と、チャーミングな香り、シューシイな肉、独特な味、強い印象に与えます。
シャングリラと呼ばれている東河鄉泰源幽谷は、天気と土地もバレンシアオレンジとよく似合って、外観と食感の素晴らしさから有名になりました。毎年の3-4月は台東縣東河鄉のバレンシアオレンジシーズンです。 東河鄉に来たら、膨らんでいるバレンシアオレンジと咲いている花が争いあって、バレンシアオレンジの味が食べられるほかに、泰源幽谷でゆっくり散歩したら、山の空気と風景を存分味わえます。

花東グルメ

毎年の4-6月になると、飛魚料理も忘れてはいけません

每年四至六月是飛魚的盛產季
珍しい東海岸グルメ

海岸線が長い花蓮、台東、更に黒潮は外海を通ったため、豊富な魚類が来て、海鮮料理は花東グルメで極めて重要な地位になりました。花蓮の七星潭、鹽寮から海岸道路に沿って、南へ石梯港、成功漁港、富岡漁港へ行ったら、それぞれに規模を持つ海鮮街があって、看板料理、例えばかじき刺身、かじきつみれ、マンボウ腸、泥カニ春雨等、新鮮、美味しいしかも面白い、食べたら、なかなか忘れられません。海外の緑の島は、ヒザラガイ炒め、たこにんにく炒め、魚はまちなどもなかなかユニックなグルメで、毎年の4-6月になると、飛魚料理も忘れてはいけません。長粒米を摩り下ろして、ピーナツとスイートバジルを加えた餅、ピーナツとパパイアで煮込んだピーナツミルク、台湾でもなかなか見かけられません。

原住民グルメ

住民たちは元々アワを主食、サトイモ、芋などと一緒に食べていましたが、近代は漢人の影響で米を植えてから、米を主食へ変わって、アワはイベントの時しか食べません。おやつは野菜、そして、肉とか魚を食べています。調理する時、簡単な水で煮る或いは焼くとかしています。その中、特にアミ族の石煮法が一番面白くて、魚、えび、かに、野菜などの食材をビンロウジ葉で作った皿に入れて、そして、焼き立てた石を皿に入れた後、塩で味付けたら、出来上がって、なかなか天然の風味があります。

花東の玉石

獨特的地質 孕育珍貴的玉石

東の玉石は古きからあって、今から約2000-5000年前の卑南遺址からたくさんの玉石管、玉石腕輪、玉石ネクレスなどが出ました。1961年に、豐田礦區の川底から台湾ネフライトが発見されて、品質が極めて高いので、色々な玉石のアクセサリーへ作られて、世界へ売り出して、それから 豊田玉石は台湾玉石の代表になって、台湾玉石産業へ新たな輝きの一ページを開いてくれました。 海岸山脈はその優秀な地質から、色々な珍しい玉石鉱山が発見され、例えば、カラフル、潤い、暖かい玉、及びそのほかの色系の碧玉など、玉石の鑑賞者にとって、さまざまな選択があります。

紫玉髓

紫玉髓は古きから「紫玉」と呼ばれて、東海岸の玉石類に属している二酸化珪素鉱物の一つです。原石はマゼンタ色、黒紫色から薄紫色まで全て揃っています。不透明或いは半透明の結晶になっていて、硬度は6~8度で、比重は2.581です。 紫玉髓は主に東河鄉都蘭の北から花蓮豐濱海岸の沿線まで、よく発見されて、ディーププラムそして内包物がない原石は高級品で、膠質の明るさと柔らかい紫色からの自然と大らかの美感はいつも玄人たちに好かれています。

青玉髓

台湾東部に紺碧色で台灣藍寶と呼ばれている宝石があって、剛玉のサファイアではなくて、石英の青玉髓で、主な成分は二酸化珪素で、クリソコラの 銅成分が含まれているので、紺碧色になっていて、現在台湾で出産している宝石の中でもっとも価値が高くて、アメリカ、メキシコ及びチリも出産しています。

花碧玉

二つ以上の色で混ぜ合った碧玉は花碧玉と呼ばれて、普通は黒、白、赤、紫、灰色、黄色などの線或いは塊狀の色のほうが多くて、鮮やかなものが少ないです。硬度は6~7度、比重は2.582で、青玉髓の共生鉱物です。ブラッドストーンの交錯状態と違って、花碧玉は独特な風格と気品があって、玄人たちに興味を持たれています。主な産地は馬武窟溪南溪支流及び東河橋河口の近くです。

龍鳳碧玉

龍鳳碧玉は古きから「大統領石」または「介石」と呼ばれています。東海岸で出産した宝石の中でもっとも数量が少ないし、なかなか見つけにくい宝石です。

Top