メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

ムスリム旅行-北から南へ(日帰り)

更新しました:2019-09-18

人気:276

ムスリム旅行-北から南へ(日帰り)
日数 1日ツアー
交通手段 乗用車
タイプ その他

紹介
怒涛のように勢いのある景色を見たことがないなら、先住民の人文風情を体験したことがないなら、東海岸ムスリムの旅にぜひお越しください!我々とともに豊浜を訪ね、ハラハラドキドキの「ガラス天空遊歩道」を体験しましょう。三仙台へ向かい、大自然が作り出した造形美を堪能し、「水往上流」の奇観を鑑賞し、自転車で森林公園をゆったり走りましょう。どこへ行っても、新鮮な驚きが、目を奪う美しい景色が心を揺さぶってくれるでしょう。

◎ 旅行日数:一泊二日
◎ 旅行起点:花蓮市

旅行ルートを計画

一日目

豊浜天空遊歩道
台11線新豊トンネル外にある「親不知子断崖」に、H鋼、強化ガラスで作られた長さ150m、海面からの距離約50mの天空に浮かぶ遊歩道です。一方は山側で、反対側は太平洋、足元は奈落の底のようで、ドキドキ感満点です。
花蓮豊浜鄉の「天空遊歩道」は地元の先住民の伝説から「親不知子天空遊歩道」と名付けられました。ある日、子供を背負った先住民の婦人が恐怖で身体を強張らせながら、なんとか断崖を渡り切りました。ところが緊張の糸が切れたところで、影も形も子供が見えなくなっていることに気づいたと言われており、そのため「親不知子断崖」と呼ばれるようになったと言うことです。親子であろうとここを通るには、自分の安全に気を配るだけで精一杯で、お互いに気を使い合うなど無理だ、それほど険しい地形だと言う意味です。
豐濱天空步道
金剛大道
終わりがないように見える金剛大道は、神秘の国へ続く近道のようです。金剛山に向かい歩いて行くと、どこまでも限りなく広がる太平洋と長光社区の風景が見えてきます。天気が良ければ、金剛山がくっきりと見え、金剛(ゴリラ)の目鼻立と輪郭が海岸に向かう山壁にそびえ立っています。長光部落を見守る守護神のように、部落の子々孫々と村の平和を静かに守っているのです。
金剛大道
三仙台遊憩区
伝説によれば、八仙の内の呂洞賓、李鉄拐、何仙姑がこの島に上陸したことがあるとされ、そのため「三仙台」と呼ばれるようになりました。島内には仙剣峡、合歓洞など三仙台の物語に関連した天然の奇景が広がるほか、海蝕溝、甌穴、海蝕柱、海蝕凹壁などの海蝕景観も点在しています。1987年に完成した「八拱跨海歩橋」は巨龍が海上に伏せているように見える独特の形状をしています。東海岸で見逃せないランドマークです。
三仙台遊憩區
アミ族民俗センター
主建築の祭り屋と家屋は、花蓮県太巴塱社の祭司住宅を真似て建てられています。内部では先住民部落文物、手工芸品を展示し、伝統的な歌とダンスのパフォーマンスが行われています。 「民俗センター」では特産品が展示販売され、また飲食サービスも提供しています。
阿美族民俗中心
都歷ビジターセンター
「都歷ビジターセンター」は山を背に海に面し、北は成功鎮と三仙台に、南は緑島に向かい、美しい自然環境に囲まれています。センター内にはアミ区、海洋区、東海岸景観区、インタラクティブ体験区などがあり、マルチメディア施設、ビデオ、模型、実物の展示を通して、東海岸の動植物の生態と人文的特色、レジャー活動を生き生きと表現しています。ここでは東海岸の特色あるイベントを体験することができるでしょう。
都歷遊客中心
東河橋
東河橋は、成功鎮と東河鄉をつなぐ馬武窟溪の河口にかかっています。東河橋の新旧の橋はデザインがそれぞれ独特で、建築芸術の美の極みです。青い空と緑の泰源幽谷に映えるその姿は、一幅の山水画のようです。
東河橋
水往上流
「水往上流」は誰もが驚嘆の声を上げる自然の神秘です。 中国のことわざで「人は高きに登り、水は低きに流れる」と言いますが、都蘭から1.8kmほど離れた灌漑用水では、地球の引力に逆らい、高いほうへと流れて行く光景が見られるのです。用水路の側には「奇観」と刻まれた石碑が立っています。「水往上流」の奇観に好奇心を感じない人はいないでしょう。水はほんとうに上方へと流れているのでしょうか?その目で見て、自らの感覚で実際に体験すれば、強い印象を感じることができるでしょう! 水往上流
国際ランドマーク(海浜公園)
「台東海浜公園」に立つ「国際ランドマーク」は、ランドスケープとパブリックアートを融合し、台東独自の人文、歷史、自然景観を象徴しています。藤で編んだ屋根の独特の景観に誰もが目をみはるでしょう。海岸に立つ「国際ランドマーク」は朝は真っ先に朝日を浴び、夜は黄昏の薄暮に包まれた後、ライトに照らされキラキラと輝き、世界中の人の訪れを待っているかのようです。國際地標(海濱公園)
二日目

小野柳遊憩区
小野柳は富岡漁港北方の海域にあり、東部海岸で最南端の景勝地です。厚層砂岩と薄層泥岩が交互に堆積した地層に、地質構造の変動と波による長年の浸蝕が加わり、単斜脊、蜂巣岩、亀陣岩、豆腐岩、蕈状岩などの奇岩怪石が生まれました。ビジターセンターから小野柳の海辺遊歩道へと散策すれば、モンパノキ、オオハマボウ等の海浜植物が観察できます。椰林遊歩道では山林の静けさに浸りながら、鳥の声と波の音が奏でるコンチェルトに耳を傾けましょう。
小野柳遊憩區
加路蘭遊憩区
「加路蘭遊憩区」には広々とした草地、ユニークなデザインの東屋、解説ステーション、そして都蘭湾、都蘭山、小野柳を遠望できる見晴台があります。東海岸を旅する際にはありがたい休息スポットで、写真撮影にも絶好の場所です。海辺で潮風に吹かれながら波の音に耳を傾け、温かな陽光に包まれのんびり過ごしましょう。遊憩区には漂流木で作られたインスタレーション、石彫作品が点在し、漂流木は東屋の装飾にも使われています!加路蘭遊憩區
比西里岸
「幾米」ブランドと比西里岸部落が協力し、絵本『走向春天的下午(春に向かう午後)』の中の女の子の後ろ姿を部落内の11カ所に描きました。11のペインティングを見て回り、その違いを味わいながら、比西里岸部落の穏やかな静けさと素朴さを発掘しましょう。部落の遊休空間や捨て置かれていた古い家屋も生まれ変わり活性化しています。「幾米園区」を訪ね、部落芸術を鑑賞し、山と海に囲まれた部落の自然風情に浸りましょう。
比西里岸
台東森林公園でサイクリング
「台東森林公園」はモクマオウが大規模に植林されているため、遠くから見ると一面、漆黒の森に見えるため、「黒森林」と呼ばれています。公園内にはモクマオウ林を貫き、三つの湖をつなぐ自転車道があり、自然の生態と美しい風景を一路楽しむことができます。人工の造形物が少なく、見に入るもの全ては、心を伸びやかにする自然の風景。自転車でも徒歩ででも、その美しさを堪能することができます。
臺東森林公園騎鐵馬

ノート

一日目
路線:花蓮市→豊浜天空遊歩道→金剛大道→三仙台→昼食(成功旗魚咖啡小吃店)→阿美族民俗センター旮亙楽団公演→都歷ビジターセンター→東河橋→水往上流→国際ランドマーク(海浜公園)→夕食→宿泊地へ

二日目
路線:朝食→小野柳→加路蘭→比西里岸→昼食(成功旗魚咖啡小吃店)→台東森林公園でサイクリング→帰還

リマインド

交通部観光局は「ムスリム認証旅行」を推進しています。イスラム教徒のみなさんにとって日々の生活で欠かせない礼拝、礼拝前小浄の習慣に対して、トラベルサービスセンター、駅などに「ムスリム・フレンドリー環境」を設置し、観光局所轄の13の国家風景区管理処ではビジターサービスセンターに礼拝スペース、小浄設備の設置を完了しました。世界中からのムスリムのお客さまのお越しをお待ちしております。

写真

Top